HTMLについて | デリヘルサイトを運営するならSEO対策は必須です!
「デリヘルサイトを運営するならSEO対策は必須です!」のイメージ画像

HTMLについて

名刺交換をしている

ではSEO対策をやる上で、今回はサイトのHTMLをどのようにすればいいのかアドバイスしていきたいと思います。

まずHTMLとはサイトを構築しているソースのことですが、SEO対策においてはいかにクローリングしやすい構造になっているのかが重要になります。
たとえばサイトを長く運営していると、いろんなディレクトリが出てくる場合があるでしょう。
そんなときに必ず設置しておかなければいけないのが「パンくずリスト」になります。

パンくずリストとは、自分が今開いているページがどのディレクトリにあるのかを一発で知ることができるものです。
さらにそこに内部リンクを入れておけば、よりクローラビリティが向上してサイトの評価が高まるでしょう。
もし自分のサイトを見たときにパンくずリストがないようであれば、絶対に追加してほしいと思います。

そしてもうひとつ注目してほしいのが、タイトルタグとディスクリプションタグになります。
SEO対策において、このタグが最適化されていなければ話になりません。
デリヘル経営の場合はおそらくデリヘルというキーワードが対策キーワードになると思いますので、必ずタイトルタグとディスクリプションタグに入れていきましょう。
なおタイトルタグは30文字くらい、ディスクリプションタグは110文字くらいにすることで丁度検索結果に収まるようになります。

ちなみにワードプレスなどでサイト運営をしている場合はサイト内コンテンツが自動的にディスクリプションタグとなる場合があります。
その場合、ページによってはめちゃくちゃなディスクリプションタグになりますので絶対に1ページごとにディスクリプションタグを設定してください。